iタウンページの情報を活用する

iタウンページのデータを取得

様々な企業が使うiタウンページ

どの程度の企業データがあるのか

皆様の会社などでは、営業の際に利用する法人リストなどをどのような情報媒体を利用して作成しているでしょうか。今は、そういった企業情報を提供している会社などは様々な所がありますが、そのような会社が増え続けている今でも存在感を出し続けているのがiタウンページです。iタウンページは、本の媒体のタウンページに掲載されている企業の情報などをインターネット上で検索出来るローカルサーチサイトです。その掲載業種は多岐にわたり、ビジネスや飲食、医療など様々な業態の企業などの情報が検索するだけで手に入ります。その掲載数はおよそ800万件にものぼり、その多くで会社名や住所、電話番号などの情報が取得できます。

そうしたデータはどう整理するか

ただ、そんな膨大なデータが掲載されているiタウンページですが、データ量が大きくなるため、検索結果のダウンロードにも時間がかかりますし、そのダウンロードしたデータの中から本当に欲しい情報をピックアップする作業は非常に面倒な作業になります。そのような際に便利な方法の1つとして、iタウンページのデータを収集し、リスト化するツールを利用するという手段があります。このようなソフトを利用すれば、業種や地域ごとに検索が出来たり、データをダウンロードする前に集めることが出来るデータの件数の確認が可能になったりするツールなどがあります。そのようなツールを活用すれば、同じ名前の会社などが並んでしまったりしたときに、人の目で所在地や業務内容などで取捨する手間も省けますので、営業活動に時間を割くことが可能になります。さらにこのようなツールの中には、重複したデータを自動的に管理してくれたり、一部のデータしか掲載されていない会社のその他の必要なデータを、再検索して収集してくれる機能が付いたものもあります。

今では多くの企業などがこれを取り入れている

現在では、そうしたツールを取り入れている企業が非常に多くなっています。情報化・スピード化社会に移行しつつある現代ビジネス界では、省ける作業はツールなどに任せて、人しかできない活動にマンパワーを集中させて業務の効率化を進めています。実際、このようなツールを提供している導入実績が高い会社は、そのツールの導入実績が約40000以上という所もあります。40000社以上の会社に導入されている実績と技術力がある所は業界広しと言えどもあまりなく、このような実績などを持つ会社の提供するツールは信頼に値すると判断しても良いでしょう。そうした信頼出来る会社が提供するツールを活用し、他社と差を付けましょう。

人気記事ランキング